このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2018年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ミルトス・ブログ

お手入れについて〜ゆかた編〜
2018年08月06日

いつも当店をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 

ここ栃木県宇都宮市での地元のお祭り「宮祭り」も先週末に終了して、今週末は「宇都宮花火大会」が予定されています。いよいよ夏の中盤に入りました。

 

「宮祭り」では、毎年大勢の方々が浴衣をお召しになって、見ているだけで勉強になります。

「なるほど~、こういう色合わせって可愛いな~」

「ああいう帯結びって粋だな~」

「わあ~帯留が普通のベルトだ~! カッコいい!」

などなど、宇都宮市のジモティーを「宮っこ」と呼びますが、宮っこの着こなしもなかなか捨てたものではありません。

 

ところで、浴衣を着た後、お客様はどのようにお手入れなさってますか?

 

浴衣をクリーニングに出したら、高くついちゃって!というお声をお聞きしましたので、簡単にお家で洗える方法をご紹介します。

 

1 洗濯表示を確認します。水洗いできるマークがあるかどうか、水の温度設定も確認しましょう。

 

2 色落ちの確認をします。白い布に使用する洗剤をつけて、浴衣の目立たないところをこすってみましょう。浴衣の色がついたら、色落ちする可能性が高いです。その場合は、クリーニング店に相談してください。

 

3シミがついている場合は、先にシミ抜きをします。ファンデーションや日焼け止めはクレンジングオイルを付けて歯ブラシで優しく擦り、すすぎます。食べこぼしは食器洗い洗剤を付けて、歯ブラシで優しく擦ってすすぎます。

 

4 浴衣をたたみます。たもとにゴミが入ってないかを確認して、たたみます。

浴衣の洗い方

 

5 浴衣を洗います。たたんだ浴衣を洗濯ネット(出来るだけジャスト・サイズに近いもの)に入れます。洗濯機に浴衣を入れたら、「ドライコース」で洗います。洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を使ってください。手洗いの場合は、たらいや洗面台に洗濯表示通りの温度の水を張り、中性洗剤を溶かして、たたんだ浴衣を入れて優しく押し洗いをします。洗い終えたら、洗濯ネットに入れて、一番弱い設定で1分間程度脱水します。新しい水をためて、優しく押し洗いしてすすぎます。最後に一番弱い設定で1分間程度脱水します。

 

6 浴衣を干します。必ず「日陰干し」します。直射日光で色あせすることがあるからです。取り外しできる物干し竿でしたら、浴衣の両袖を通して干します。和服用のハンガーを使って干すこともできます。また、つっぱり棒とS字フック2個、洗濯バサミ2個あれば、きれいに干せます。物干し竿にS字フックをかけます。浴衣をつっぱり棒に通します。この時に、袖と肩のラインが一直線になるように干します。竿にかかっているS字フックを洗濯バサミで挟んで固定します。

 

7 アイロンをかけます。洗濯表示のアイロンの温度を確認して、アイロンをかけます。袖の部分は前後を重ねてアイロンがけします。襟の部分は裏側にアイロン掛けします。身ごろは重ねてアイロンをあてていきます。左右両方の身ごろのアイロンがけが終わったら、背中の真ん中の部分を直線にアイロンがけします。

 

8 畳紙(たとうし)に包み、着物用防虫剤を入れます。

 

いかがでしょうか? 思ったより簡単だと思いませんか?

基本は「優しく押し洗い」と「シワが寄らない干し方」です。

きものって直線縫いなので、立体的なYシャツよりも、洗うのも干すのもアイロンがけもラクなのです。

保管の仕方や、浴衣を包むもの、畳紙(たとうし)やきものカバーなどについて、分からないことがあれば、当店にお問い合わせくださいませ。

 

日本の各地で40度を超える猛暑が続いております。

お身体をご自愛くださり、「夏の真ん中」を無事に乗り切ってくださいませ。

タグ: ゆかた  浴衣  ゆかたの洗い方  お手入れ  ゆかたのお手入れ  宇都宮花火大会  伊澤屋