このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2018年8月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ミルトス・ブログ

秋を迎える準備
2018年08月21日


いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

お盆も過ぎて夏も終盤に入りました。

これから長雨や台風の季節になってまいります。(すでに台風は何度もきていますけれど)

 

9月は、6月と同じく、着物は裏地の無い一重になります。夏物の紗や絽はきれいにお手入れして仕舞います。

夏物のお手入れで気をつけたいのは、汗染みの処理です。

襟のお顔周りの部分、帯を締めるところ、それから以外と汚れるのが袖口のところです。

汗と一緒に流れたファンデーションが、襟についてしまうことも夏のきものには多いです。

夏のきもののお手入れで分からないこと、ご質問などございましたら、どうぞご遠慮なく当店にお問い合わせください。

 

襦袢も夏物ではなくなります。夏の襦袢は絽や麻の襦袢が多いと思いますが、こちらもキチンとお手入れしておくと、黄ばみの防止になります。次の夏も活躍してもらうために、仕舞う前に丁寧にお手入れしておきましょう。

夏の小物、バッグや巾着、髪飾りも、汚れがないか、ほころびがないか、よくご覧になってくださいね。

「お疲れ様。この夏もありがとう。」の気持ちを込めて、夏物をお手入れしてから仕舞いましょう。

 

秋のおとづれは朝の空気に確実に感じ取ることができます。

気圧が変化して、雲の形、風の色合いが徐々に「秋物」になってきます。

当店では、秋のお召し物のご提案として、「齋藤都世子 ニット・ファッションショー&特別販売会」を予定しております。

秋のお出掛けに淑やかなニットのお召し物はいかがでしょうか?

825日(土)伊澤屋・店舗にて、午前の部と午後の部の2回、ファッションショーを開催します。

予約制ですので、当店までご連絡ください。(℡028-662-7388

 

齋藤都世子のニットは、お直しが出来る「物を大事にする心」を大切にするニットです。

使い捨てが当たり前の今の時代に、奇特な企業姿勢だと思いませんか?

きものも「三代で着る」と言われているほど、サイズには融通うが効き、繊維が傷むまで100年くらいは着回せるとされています。その感覚で着られる上質のニットです。

 

そもそも、齋藤都世子がニットを始めたのは、第二次大戦後、女性が働く場所が少ない時代に女性が働き、そして収入を得る場所を提供するために、まず手に職をつける目的で、編み物教室を始めました。その後、そのニットを女性の手で販売する目的で、(株)みやこ編物を設立したのです。

 

現在も、京都にて独自の糸を製造して、島根県益田市において、一人のニッターが一つの作品を心を込めて製作しています。

着ていただく方にいかに長く、着心地良く着用していただけるかを考えて、日本人女性の体型に合った独自のニットです。

 

デザインの上でも、流行を追うだけではなく、飽きのこない、傷みにくい、そして後でお直しが出来るように心掛けたデザインで、見た目よりも、実際にお召しいただくと、よりその作品の素晴らしさが実感出来るので、当店もこれまでも数回に渡り、齋藤都世子のニットをご紹介してまいりました。

 

着心地良く、美しく、丈夫で上質、お直しが出来る。その上、その作品の作られてきた歴史の土台は、女性の経済的自立。ただ美しいだけではない、女性が地に足をつけて生きていくことを応援する企業が生み出す作品を、当店も自信を持って、お客様におススメしたいと存じます。

 

見た目も、その持っている内容も、経てきた歴史も、女性を健やかに美しくするための志しに満ちている、齋藤都世子のニット。

ぜひ、お手に取ってご覧いただきたいと存じます。

涼しげなお菓子をご用意して、お待ちしております。

 

それから、もう一つ、楽しいイベントのお知らせです。

825日(土)・31日(金)の二日間、伊澤屋・店舗において、魔法のメイクで大変身!

その名も「イベント・メイク」。 楽しそうでしょう?

お客様の一番お美しいのは、いつだって「今」です。

そのお美しいお姿をさらにお美しくするお手伝いをさせていただくイベントです。

プロのメイクアップアーティストにメイクをしてもらって、伊澤屋のスタッフが丁寧にきものをお着付けして、写真を撮りませんか?

メイク料金は、2000円ですが、着付けは無料です。写真は、カメラをご持参いただいて、伊澤屋のスタッフが撮影します。

お出掛けになられるのに、きものをお召しになっても、写真に残すことはあまりないかと存じます。なかなか、プロのメイクアップアーティストにお化粧してもらう機会も無いですし。

この機会に、ご自分のポートレイトとしていかがでしょうか?

 

いつだって、今が美しい時。

美しくメイクを施されたお顔で、丁寧な着付けできものを着た姿をお写真に収めておけば、何かあった時に安心です。

 

8月後半も楽しいこと、感動することがいっぱいの当店で、美味しいお茶をと涼やかなお菓子をご用意して、お客様のお越しをお待ち申し上げております。

 

タグ: メイク  齋藤都世子  ニット  ファッションショー  特別販売会  きもの  着物  お手入れ  一重    宇都宮伊澤屋  伊澤屋