このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年3月  

SunMonTueWedThuFriSat
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

ミルトス・ブログ

3月9日は「ありがとうの日」
2019年03月04日

3月9日は「ありがとうの日」

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

おひな祭りも過ぎまして、いよいよ春らしくなってまいりました。

夜空も、冬の王者オリオン座が西へ西へと動いていき、北斗七星を含む大熊座が夜空の中央へと移動してまいります。

大熊座は北の空を回る大きな星座です。

ひしゃくの形をした北斗七星は古くから熊の姿や車に見られ、古代バビロニアでは「大きな車」、ギリシアの詩人ホメロスは、その著書「イリアス」と「オデュッセイア」のなかで、「車とも呼ばれる熊」と記しています。そのほかエジプトでは「オシリスの車」とか「チャールズの車」、北アメリカのインディアンは「熊」、中国では皇帝が乗る車に見立てて「帝車」と呼びました。ギリシア神話によると、ゼウスに愛されたカリストというニンフ(妖精)が、ゼウスの后(きさき)ヘラの嫉妬によって熊に変えられた姿といいます。

 

夭折したフランスの詩人アルチュール・ランボーの「わが放浪」にも大熊座が出てきます。

 「わが一張羅の半ズボンにゃでかい穴があいていた。

  空想好きなちび、この俺は韻をひねくりながら歩いていた。

  わが宿は大熊星座 大熊座の星々は優しくささやき、さざめいていた。」

 

北斗七星はおおぐま座の一部分で、熊の腰から尻尾にあたる星の並びをそう呼びます。射手座の南斗六星に対して名付けられた中国名で、推古時代に陰陽道、天文暦術とともに百済から伝わりました。

ひしゃくのマスの四星を「斗魁(とかい)」、柄の三星を「斗柄(とへい)」と呼び、個々の星はマスの先から順番に、α星を「貪狼(とんろう)」、β星を「巨門(こもん)」、γ星を「禄存(ろくそん)」、δ星を「文曲(もんごく)」、ε星は「廉貞(れんちょう)」、ζ星を「武曲(むごく)」、η星を「破軍(はぐん)」と名付けられています。

一方アラビアでは、α星をドウベー(熊の背)、β星をメラク(腰)、γ星をフェクダ(太腿)、δ星をメグレズ(尾の付け根)、ε星をアリオト(意味不明)、ζ星をミザール(帯)、η星をベナトシュ(泣き女の長)と言います。

松尾芭蕉は「声 澄みて 北斗にひびく砧かな」と詠みました。

野々口立圃(ののぐちりゅうほ)も「咲梅や 南枝北斗の星の影」と詠んでいます。

 

星座が移動していって、春らしい夜空になっていくのが楽しみです。

 

 

さて、3月9日は「サンキューの日」です。単なる語呂合わせですが、「ありがとうの日」があって感謝することについて考えてみるのは興味深いです。

 

「ありがとう」という言葉は、感謝を伝えるだけの言葉ではなく、相手に活力を与える言葉です。

また、たくさんのことに感謝すればするほど、自分の豊かさに気づくことができます。科学的にも「感謝の気持ち」が持つ効果が実証されています。マザーテレサも「優しい言葉はたとえ簡単な言葉でもずっとずっと心にこだまする」と言っています。

 

 

シンプルで短い言葉ですが、影響力がある言葉「ありがとう」は他の言語でどのように言うのでしょうか?

 

“ありがとう”

 

中国語では“谢谢。”(シエシエ)

スペイン語では“Gracias”(グラーシアス)

英語では“Thank you.”(サンキュー)

アラビア語では“شكرا”(シュクラン)

ヒンディー語では“धन्यवाद”(ダニャヴァード)

ベンガル語では“ধন্যবাদ.”(ドンノバーット)

ポルトガル語では“Obrigado”(オブリガード (男性が使う場合)、“Obrigada”(オブリガーダ(女性が使う場合)

ロシア語では“Спасибо”(スパシーバ)

ドイツ語では“Danke.”(ダンケ)

韓国語では“고맙습니다.”(コマプスムニダ)

イタリア語では“Grazie(グラーツィエ)

インドネシア語では“Terima kasih”(テリマカシ)

オランダ語では“Dank u”(ダンク ゥ)

ギリシャ語では“Ευχαριστω”(エフハリストー)

スワヒリ語では“Asante”(アサンテ)

タイ語では“ขอบคุณ”(コープ クン)

チェコ語では“děkuji”(デクイ)

デンマーク語では“Tak”(タク)

トルコ語では“Tesekkur ederim”(テシェキュレデリム)

トンガ語では“Malo”(マァロ)

ノルウェー語では“Takk”(タック)

タガログ語では“Salamat.”(サラマッートゥ)

フィンランド語では“Kiitos”(キートス)

フランス語では“Merci”(メルスィ)

ベトナム語では“Cam on”(カム オン)

モンゴル語では“Баярлалаа.”(バヤル"ル, ラ~)

 

頑張ってここまで調べて見ましたが、いかがでしょうか?

世界のどこかで、今日も誰かが誰かに「ありがとう」を伝えていると考えるだけで、気持ちが爽やかになりますね。

 

3月9日の『ありがとうの日」に、ぜひ、日頃、上手く伝えていない、けれど伝えるべき方に、「ありがとう」と伝えてみませんか?

 

さて、伊澤屋の春のイベントのご案内です。

さて、お蔭様にて残席わずかとなりました! 音楽イベント「観桜の会」の会のご案内です。

3月23日(土)の午前10:00から受付開始、10:30~開演予定です。

会場は宇都宮グランドホテルに決定いたしました。

ランチは、宇都宮グランドホテルのビュッフェ・ランチです。

参加費は3000円(ランチ代含む)です。

 

ご出演いただくのは、ハープ王子こと、小林秀吏先生(こばやし しゅうじ)です。グランド・ハープとケルティック・ハープによる演奏をしてくださいます。

小林先生は、いつも当店を練習場として使ってくださっている、阿久津瞳先生のハープ教室「竪琴教室 林音」を指導していらっしゃる先生です。そのほか、ご自分のハープ教室もお持ちです。

小林秀吏先生のプロフィールはこちらです。

 

****小林秀吏先生(こばやし しゅうじ)プロフィール****

16歳の時にハープに触れ楽器の音色に魅了されプロの道を志す。

尚美ミュージックカレッジ管弦打楽器学科ハープ専攻卒業。

その後フルート&ハープユニット

【Stress Free】を結成しハープ王子として全国各地で活動を展開する。

Stress Freeでは衣装、美術、演出をプロデュースし好評を得る。

 

クラシック~コンテンポラリー~ケルト音楽を中心にソロ、アンサンブルと幅広く演奏する。

メディア、アート、ダンス、ミュージカル、演劇、朗読、語りなど多様なフィールドとのコラボレーションも意欲的に行う。

 

近年はケルティックハープの演奏や奏法、歴史の探究活動に力を入れ幅広い活動をしている。

Sheoque Harper's、栃木ハープアンサンブル シルフィード代表。

 

 

2018年2ndアルバム

【Stress Free~おもいでの森】をリリース。

オフィシャルサイト

http://music-clinic.flips.jp

 

小林先生の演奏の動画はこちらです。

 

段々と暖かくなってまいりましたが、朝晩の冷え込みは油断大敵です。どうぞ今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  観桜の会  小林秀吏  ハープ  ありがとう  ありがとうの日