このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年4月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

ミルトス・ブログ

絹織物の抜け道
2019年04月22日

絹織物の抜け道

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

当店が所在いたします栃木県宇都宮市は、このブログを書いている本日、なかなかの暑さでございました。日が暮れてホッとするという感覚、なんだか久しぶりでございます。ニュースによると、北海道で27度まで気温が上がったとのこと。つい先日は雪、そうしておいてこの暑さ。体調管理が難しいこの頃でございます。

 

今年もロンドンの知人からブルーベルの写真が添付されたご挨拶メール( Happy Easter !)が届きました。

今、ロンドンはまさにブルーベルが満開のようです。

日本の春は桜のピンクですが、ロンドンの春の色はブルーベルの青です。

4月中旬から5月末までが見頃と言われています。

 

ロンドンで植物園といえば、ユネスコ世界遺産に指定されている王立植物園のキューガーデンズ( Royal Botanic Gardens Kew )が耳馴染みがあり、有名だと存じますが、こちらの広大な敷地内にある「クイーン・シャーロット・コテージ」と名付けられた小屋の近くに青い絨毯のようにブルーベル畑が広がっています。

 

イギリス随一のブルーベルの名所と言われているのは、アッシュリッジ・エステイト( Ashridge Estate )。

ロンドンのユーストン(Euston )駅からトリング( Tring )駅まで40分ほど電車に乗って、そこから徒歩で20分ほどのところにある、歴史的建築物や景観地の保護機関であるナショナル・トラストが管轄している美しい森です。

アッシュリッジ・エステイトの他にも、エメッツ・ガーデンやワンステッド・パーク、ホール・パーク、それから、アーリントン・ブルーベル・ウォーク。

アーリントン・ブルーベル・ウォークは、他の名所と一味違う名所です。チャリティー活動の一環として、常日頃は農地として使用している敷地の一部分を毎年春に1ヶ月間限定で一般開放しています。3つの農園にまたがる7つの道が、ブルーベルが咲き乱れるハイキング・コースとなっています。

国によって、その国の春を象徴する色が違うとは、興味深いですね。

 

写真といえば、以前、旅先から何枚かの写真をメールに添付して送っていただいたことがありました。

写真は全て階段の写真でした。

一枚目は石造りの灯台の階段で、乳白色のタイルが張られた灯台内部に、石の階段に黒い鉄の手すりの螺旋階段が設けられています。下から撮影された螺旋階段はカタツムリのようにように見えます。

フランス北西部のブルターニュ地方の小さな島、イル・ヴィエルジュ島にあるヨーロッパ最大級の石造り灯台で、1902年に建てられたものだそうです。

 

階段は規則正しく秩序をもって同じ間隔で(そうでないこともありますが)そこに存在して、その上を歩くとリズムが生まれます。

螺旋階段はそこに「回る」という動きが加わります。直線ではなく曲線になります。

直線と角張ったものだけでは冷たいイメージですが、螺旋階段には柔らかさがあります。

 

他にも、フランスの北東部、ドイツとの国境に近いアルザス地方の村、ケゼルスベールの民家の使い込まれた木の階段や、フランス北東部のナンシーいう街にあるマジョレル邸の石の外階段。ナンシーはアール・ヌーヴォーの街で、マジョレル邸はアール・ヌーヴォー建築の名作と言われています。見事な植物モチーフの彫刻が施された石の階段はとても優美です。

そして特に興味を惹かれたのが、フランス南東部の世界遺産、リヨン歴史地区に在る「トラブール」と呼ばれる階段です。

 

「トラブール」とは、絹織物で栄えたリヨンの街にルネッサンス期から張り巡らされた抜け道です。

並行する二本の道をつなぐために作られたのではないかと推察されていますが、起源については未だ謎です。

悪天候の中、絹織物を濡らさずに運ぶことができて、また、人目を避けられるので絹織物のデザインを盗まれずに済みます。

第二次世界大戦中には、レジスタンスの地下活動のためにも利用されたと言われています。

トラブールは、歴史的建築物で今や人気の観光スポットですが、現在も地元の住人の住居スペースです。

 

有名なものでは、クロワ・ルース地区のトラブーるに在る中庭クー・デ・ヴォラース( Cour des Voraces )。1840年の建築で、階段の幾何学的な構成がとても美しい中庭です。

また、トゥ通り( rue de Thou )にあるトラブールも有名なものの一つです。かつてフイヤン派の修道院があった場所で、17世紀後半に建築された階段があります。天井まで吹き抜けになっていて、四角い空間の周りに設置された白い階段を、吹き抜けの中央に立って見上げると、「リヨンで一番美しい階段」と呼ばれている意味が理解できるようです。1981年に歴史的建築物に登録されました。

 

さて、日本の桜ピンクからロンドンのブルーベルの青、そしてリヨンのトラブールへと遠くへ飛びましたが、日本の栃木県の宇都宮市の伊澤屋へと戻ります。

 

伊澤屋のイベントのお知らせです。

 

*********************

510日(金)・11日(土) 染織逸品会「織紋意匠 鈴木展」

 

明治四十年の創業以来百年余り、京都・大徳寺の門前に店を構え高い美意識と確かな技術を持って本物を作り続けてきた織紋意匠 鈴木。

他に類を見ない立体感を表現する「唐織」を主とし帯・お袈裟・能衣装など、こだわり続けるものづくりは優れた職人に支えられ、代々受け継がれてきました。日本を代表する織物の産地として名高い「西陣」のちで本物だけを作り続けています。

 

 

**********************

 

428日(日)~56日(月)まで、伊澤屋店舗改装のため、お休みをいただきます。

 

 

**********************

 

 

以前に、お客様には郵送でご案内申し上げました「フィンランド教育講演会」の日程と会場が変更になりました。

 

「フィンランド教育講演会」 512日(日)13:30~

会場: ひのおか 森のナーサリー 宇都宮市竹林町804-2

お申込み先: 080-5055-0401(スズキ)

Facebook イベントページ https://www.facebook.com/events/1070413179809531/

 

 

世界最高の教育水準を保つフィンランド

現在、世界最高の教育水準を保っているフィンランドの教育事情の最新情報をお伝えする講演会を開催します。

昨年915日・16日の日程で聖心女子大学にて開催された「未来の先生展」https:/www.facebook.comsensei.mirai/

そこで定員を大きく上回る参加者を前に、「フィンランド教育」の講義を担当されたcokowill代表の寒川英里先生( https://www.facebook.com/cokowill2016/  )が最新のフィンランド教育事情を伝えてくださいます。

フィンランドのお菓子と北欧の紅茶をご用意します。フィンランド音楽のミニ・コンサート付きです。

ぜひ、ご来場くださいませ。

 

講師の寒川英里先生のプロフィールです。

cokowill代表、Diagonal Run Tokyo コミュニティマネージャー

1981年 神奈川生まれ。青山学院大学在学中に学生の就職活動支援団体を立ち上げ、「『働く』と『生きる』をわけない」をテーマに掲げ活動を行う。卒業後、リクルートグループに入社。出産後、数回の転職を経験する中で、営業、企画、人事などの仕事を経て20164月に独立。自分らしく働き、自分らしく生きることへの【ふみだす一歩をともにする】ことを自らの仕事とし、cokowillという活動名で「しごと」をテーマとしたワークショップ、「働き方」イベント、「教育」をテーマとしたイベントなどの活動を行なう。 Edtechベンチャーの人事、パーソナルコーチング、人事採用コンサルタント、講師、ファシリテーター、コミュニティマネージャーなどの仕事も行うパラレルワーカー。

 

そして講演の前のアイスブレイクとしてミニ・コンサートをご用意して居ります。

ギタリストの小川倫生氏とヴァイオリニストの櫛谷結実枝氏がフィンランド音楽を演奏してくださいます。

 

小川倫生氏プロフィール

90年代から音楽活動を開始し、現在までに6タイトルのアコースティック・ギター・ソロのアルバムを発表。

ギターの可能性を広げるテクニックとオリジナリティー溢れる楽曲が注目を集めている。

その音楽はジャズ、ロック、現代音楽、民族音楽、アンビエントと幅広いルーツを持つ。

映像的でイマジネーションを掻き立てるギタースタイルは唯一無二

 

 

櫛谷結実枝氏プロフィール

滋賀県出身。栃木県宇都宮市在住。

幼少の頃よりクラシックバイオリンに親しみ、アマチュアオーケストラなどで演奏。

過去にエレキバイオリンを使用して、ロックバンドやインストユニットなどで活動する。

様々な音楽に影響を受け、現在は北欧の伝統音楽、バロック音楽、教会音楽などを好み、アコースティックユニットFelonなどで活動している。

https://ameblo.jp/yumie-kushitani

 

小川倫生氏と櫛谷結実枝氏のお二人による演奏動画はこちらです。

 

 

 

暑くなったり寒くなったりと気温の振り幅が大きい時期ですが、お身体をお大事になさって、今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

 

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  織紋意匠鈴木  寒川英里  小川倫生  櫛谷結実枝  フィンランド教育講演会