このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年5月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ミルトス・ブログ

初夏の仕事
2019年05月20日

初夏の仕事

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

初夏らしいお天気の日が続いたり、いきなり雨が降り続いたりと、天候が急変しておりますが、お元気でお過ごしでしょうか?

長いゴールデンウィークのお休みも終わり、当店は鈴木織物展もお蔭様にて大盛況のうちに無事に終了いたしました。

 

このブログを書いております現在、山形県に来ております。

前回参りました時は雪深い時でした。今の眺めは、一面の爽やかなテンダーグリーンです。

街中ですので残念ながら今夜は星があまり見えませんが、昨晩、金曜日の夜は庄内浜の海の見えるところにおりましたので、よく見えました。

獅子座と牛飼座の間にある髪座(かみのけざ)が、夜の8時ごろにほぼ南の真ん中になってきています。

獅子座と牛飼座の間というのは、星が少ないところです。でも、よくよく目を凝らして見ていると目が慣れてきて、メロット111と呼ばれるV字形の星の群れが春霞のように見えて来ます。

星が少ないのは、銀河の北極に位置しているためで、髪座に大望遠鏡を向けて写真を撮ると、おびただしい数の小宇宙が写し出されます。

そのため、このあたりは「宇宙ののぞき窓」と呼ばれます。

髪座は、いにしえの頃は「ベレニケの髪の毛座」と呼ばれました。ベレニケは紀元前2世紀ごろ、エジプトを治めていたマケドニア王朝のプトレマイオス3世の王妃で、髪の毛が美しいことで知られていた実在の人物です。

ある年、王がシリアとの戦いに出征する時、ベレニケは夫の身を案じて、女神アフロディテの神殿で、「夫に勝利を与えてくださるなら、私の髪の毛を捧げます」と誓いました。祈りはきかれて王が凱旋すると、ベレニケは髪の毛を切り神殿に捧げました。翌日、この髪の毛が消え失せると、王に仕える宮廷天文官コノンは、「王妃の心と髪の毛を愛で、大神ゼウスが星座に加えました」と言って、夜空を指したと伝えられています。

その髪座が南の空高くに上がるようになってきているということは、夏へと時が移ろっているということです。

 

さて、初夏といえば、夏のお召し物の準備です。

夏物の長襦袢、絽や紗のきもののお手入れ。袖口、襟元、特に注意してご覧いただきたいところです。

夏物の帯も風を通しておきましょう。

小物のお手入れも。夏物の絽の帯揚げ、透かし編みの帯締め。

それから、下着類、足袋も夏物へ衣替えとなります。

 

正式には下着類には入らないのですが、夏の装いのために、こっそりとお勧めしているのが、ガーゼの湯あげタオルです。

薄手のガーゼはかさばらないので、大判の湯あげタオルを、クルリと一巻き、肌襦袢などをお召しになられる前に巻いておくと汗を吸ってくれて、快適にお過ごしになれます。

 

夏物のきものの柄として、よく描かれる夏の植物は全体的に華やかです。当店にお手入れのためにお持ちになる、お客様のお召し物を拝見しているだけで楽しくなって参ります。

紫陽花、朝顔、芍薬、テッセン、芙蓉、シャクナゲ、百合、ハイビスカス、ノウゼンカズラ、なでしこ、クチナシ、睡蓮、合歓の花。

ハイビスカスは和名は「ブッソウゲ(仏桑花)」で、沖縄の紅型染めのきもののモチーフとしてよく拝見いたします。

 

江戸時代末期の植物図譜の代表とされる「本草図譜」は、日本で最初の本格的な最初の本格的な彩色植物図鑑といわれています。

この「本草図譜」にも、これらの花々は載っていて、当時から日本でも親しまれていた植物であったようです。

「本草図譜」には、当時は人々に人気を博したけれども、今日に至っては花屋さんであまりお見かけしない植物も多々載っております。

例えば、「浦島草」。日本原産のサトイモ科の多年草の植物です。花序の先端が細長くいとのように伸びていて、それをおとぎ話の浦島太郎の釣り糸に見立てて「浦島草」と名付けられたとのこと。スズランと同じく有毒植物で、根茎を食べると、嘔吐や腹痛などの中毒症状を起こすそうです。

「たまのかんざし」も、現代の花屋さんではとんとお見掛けしない花です。「ギボウシ」とも呼ばれる花です。ユリ科で薄紫や白い花で、甘い芳香があります。当時は、かんざしとして髪に飾ったようで、そこから「たまのかんざし」つまり玉簪と名がついたようです。

山査子の花、敦盛草、ユスラウメの花、いちはつ(鳶尾)、こがね柳、ノウゼンカズラ、モッコウ、ホトトギス、くわいの花、唐たちばな、など、今日の日本では見ることができない花々が載っていて、とても興味深いです。

いわば日本で最初のボタニカル・アートの本「本草図譜」。見ているだけで楽しい本です。

 

さて、初夏の当店の催事のご案内です。

 

**************************

 

524日(金)~26日(日) きくち紬展 時事通信社ホール(東京メトロ日比谷線・都営浅草線の東銀座駅の出口6番から徒歩1分)

当店のスタッフもご一緒に参ります。当店までご連絡くださいませ。(0120-39-1308)

 

 

531日(金)~61日(土) 決算市 伊澤屋店舗にて

 

625日(火) 手作り石けん教室 伊澤屋店舗にて

手作り石けん教室「和の香-wanoka-」主宰者・下山香織先生をお迎えして、真夏に爽やかな使い心地の「炭石けん(マカダミアナッツオイル配合)」を作ります。
下山香織先生手作りのお土産石けん&美肌効果のあるハーブティー&美味しいお菓子付き♩

参加費 4000円(定員4名)
持ち物 タオル3〜4本
*御予約が必要です。(お問い合わせ・御予約➿0120-39-1308)
**薬品(劇薬)を使用しますので、お子様連れはご遠慮ください。

*****************
講師の下山香織先生は、一般社団法人ハンドメイド石けん協会( https://www.sekken.info/ )のジュニアソーパーの資格をお持ちです。
下山香織先生が主宰するお教室はこちらです。
「和の香-wanoka-」
https://www.facebook.com/%E5%92%8C%E3%81%AE%9%A6%99-wanoka-376998002807939/

*****************
炭とマカダミアナッツオイルの効能について

炭の持つ効能

・消臭効果のほか、汗をかきやすい季節には余分な皮脂を取り除いてくれる効果があります。
・毛穴の汚れをしっかり吸着し、美白効果も期待できます。


マカダミアナッツオイルの効果

・肌を柔らかくし、なめらかにしてくれます。
・若狭脂肪酸とも言われるパルミトレイン酸を多く含み、アンチエイジングに優れます。
・肌の荒れや炎症を鎮静させ、保湿をしてくれます。
・シワなどの老化を防止してくれます。
・浸透力が非常に高く、肌につけるとすぐに吸収します。
・紫外線から皮膚を保護してくれます。
・参加に強いので、日焼け止めオイルとしても使いやすいオイルです。
・創傷治癒作用があり、傷の手当にも有効と言われています。 

**************************

 

詳細は後日にお知らせしますが、8月に伊澤屋にてコンサートが予定されております。

ご出演予定のeastern bloomの動画はこちらです。

 

 

*************************

 

日差しが強くなって参りましたので熱中症にお気をつけてくださいませ。今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

 

 

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  手作り石けん教室  きくち紬展