このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年6月  

SunMonTueWedThuFriSat
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

ミルトス・ブログ

お別れの着物と女紋
2019年06月23日

お別れのきものと女紋

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

夜の散歩がだんだんと遅くなる傾向にありまして。

当店がございます、ここ栃木県宇都宮市でも、気温が上がってきて雨の湿気でしっとりとして、夜遅くの散歩の方が星が綺麗に見えます。

夜の11時過ぎに散歩しますと、頭の真上あたりに、こぐま座が見えるようになってきました。

北極星を有するこぐま座は一年中見ることができますが、7月中旬の夜8時頃が最も北天高くなります。

こぐま座β星(ベーター星)の固有名をコカブと言います。

アラビア語のアル・カウカブ・アル・シャマリー(北の星)から来ている名前で、「星」を意味します。およそ3000年前、この星が北極星だったことに由来するそうです。

北極星が移動するのは、歳差という地球の首振り運動によるもので、現在の北極星も2103年には一度の半分の27. 6分まで天の北極に近づきますが、その後は少しずつ離れ、西暦4500年ごろには30度も離れてしまいます。その頃には、ケフェウス座のγ星(ガンマ星)が、変わって北極星になります。

こぐま座の7つの星のうち、目につくのは北極星とβ星(コカブ)とγ星(フェルカド)の3つです。

中世から近世にかけて、スペインやイタリアなどでは、この3つの星を結んだ細長い三角形を角笛に見立てて「角笛の口」と呼びました。

セルパンテスが書いた「ドン・キホーテ」にも出てきます。

「私が昔羊飼いしとった時分に習うた学問では、あの角笛の口が頭の真上にきて、左の線の中にある時は、真夜中じゃから、もう夜明けまでには3時間とはござりませんからの」(片上伸 訳)

ダンテの「神曲」にも「角笛の口」が出てきます。

「また想い見よ、夜も昼も、我らの天の懐にありて足れりとし、その轅(ながえ)をめぐらしつつも隠れ去ることなき北斗の七つ星を。また第一の天輪に車軸をなせるものの突端にはまる、かの角笛の口を」(生田長江 訳)

 

そのような夏の星空に覆われた ここ栃木県宇都宮市で、先日、老舗のショット・バーの某有名店が長い歴史に幕を降ろしました。

マスターのお人柄を慕って、多くのファンがいたお店でした。

マスターのご長男様の御成人のお祝いの日の紋付き袴も、当店をご用命いただき、誠に光栄でした。

マスターの告別式に参列いたしまして、女性の和服の喪服の方々をお見かけして、その悲しみ溢れつつも凛としたお姿に、ハッとさせられました。

夏喪服には、五泉(ごせん・新潟県五泉市)の駒絽(こまろ)が使われます。

絽には、すき間からすき間までのよこ糸の数によって三本絽、四本絽、五本絽があります。さらに、よこ糸に「より糸」(2~3本の糸を1分間に45千回転して1本の糸にしたもの)を使用したものが駒絽と呼ばれます。

喪服に使われる黒染めは、藍下(あいした)、紅下(べにした)、三度黒(さんどくろ)があります。

どれも深みのある黒を作るための技法です。

藍下は、前もって白い生地を藍で下染めしておき、その上に黒を載せます。色に染味(深味、渋味)を持たせ、堅牢度を高めるための方法です。

紅下は、下染めを紅で染めます。

合成染料で黒色がよく染まるようになってからは、藍下も紅下も、あまり用いられなくなりました。むしろ、現在は、ジーンズの染色に使われています。

三度黒は、藍もしくは紅で下染めした後に、黒染料を塗ります。植物性染料と媒染(ばいせん)染料をそれぞれ2回以上塗るのが「三度黒」です。つまり、とても手間がかかった本格的な黒染めです。

 

このような黒染めをした生地に、家紋を入れます。

よくお客様から、お嫁入りの際に作る喪服の家紋は嫁ぎ先の家紋なのか、実家の家紋なのか、とご質問をいただきます。

関東では、実家の家紋を入れた喪服をお作りになることが多いです。

昔は、お葬式で一人だけ家紋が違う女性が「お嫁さん」と分かるものでした。

関西になりますと、少し複雑になるようです。

「女紋」というのが存在するのです。

母から娘、そして孫娘、といったように姓が変わっても受け継がれていく、別名「母系紋」というものです。

これは、平安時代からの公家文化が色濃く残る関西から西の地域に存在します。

関東には、江戸時代からの武家文化の影響の方が強く、母系紋はほぼ存在しないようです。

 

死者を悼み、喪服を着る習慣は、古くから世界各地で行われていました。

日本でも、古い書物の記述から、奈良時代には喪服が存在したことが窺い知れます。

今のように、女性の黒紋付が不祝儀の正式礼装として確立したのは、以外に新しいことでして。

明治32年(1899年)に永照皇太后(明治天皇御母)が崩御された際に、当時の宮内省(現在の宮内庁)が「喪服は白衿紋付」と告示したのがきっかけだそうです。

その頃は一部の上流夫人たちの風習で、一般に定着したのは昭和に入ってからと言われています。

 

喪服の帯は、黒供(くろとも)と呼ばれる黒の名古屋帯です。

名古屋帯は締めるのが、比較的簡単なので、何回か着付け教室に通えば、いつでもお一人で喪服が着られます。

当店では、一回500円で着付け教室で習えますので、ぜひ、ご利用くださいませ。

 

さて、当店の夏のイベントをご紹介いたします。

 

**********************

 

73日(水)~ 7日(日) 夏乃会 

毎年恒例の「夏乃会」@伊澤屋店舗

内容もさらに素晴らしく、見ているだけでも楽しい会です。

なかなか見ることができない作品も多く、魅力的な商品がラインナップします。

ぜひ、ご来場くださいませ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

75日(金)ルル先生の魔法の美顔術講座

 

ルル先生の魔法の美顔術 「ビジュアルチェンジトレーニング講座」と「中級編*口腔内マニピレーション講座」が1日で両方受講できます。

短時間でハッキリと効果が出ます。

化粧品やサプリメント、薬品などに頼らず、筋肉を動かし、口腔内を清潔に健やかにすることによって得られる美容効果。

ルル先生の魔法の美顔術は、美容のみならずお身体の健康のためにも役立ちます。ぜひ、ご参加くださいませ。

 

お申込みが必要です。

お申込みは、こちらのメッセンジャー

または伊澤屋へ(0120-39-1308)

 

75日(金)参加費4000

定員15

ランチご希望の方は別途ランチ代 1000

お申込みの際に、ランチご希望の方はランチもお申込みくださいませ。

 

持ち物: ターバン、タオル、はちみつ(少量)、化粧落とし(ティッシュタイプのもの)、化粧水、乳液、日焼け止め、ファンデーション、化粧道具一式、アイブロー、アイメイク、チーク、アイライン、マスカラ、その他、普段お使いの化粧品と化粧道具。

 

75日(金)

1030分~1130分 顔キントレ

13時~14時 口腔内

夏に向けた涼しいアイメイク中心に。

ランチを挟んで1日で小顔に!

楽しくおしゃべりしながらのランチタイムに、ルル先生に質問できますよ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

625日(火) 手作り石けん教室 

伊澤屋店舗にて手作り石けん教室「和の香-wanoka-」主宰者・下山香織先生をお迎えして、真夏に爽やかな使い心地の「炭石けん(マカダミアナッツオイル配合)」を作ります。

下山香織先生手作りのお土産石けん&美肌効果のあるハーブティー&美味しいお菓子付き♩

 

参加費 4000円(定員4名)

持ち物 タオル34

*御予約が必要です。(お問い合わせ・御予約0120-39-1308

**薬品(劇薬)を使用しますので、お子様連れはご遠慮ください。

 

講師の下山香織先生は、一般社団法人ハンドメイド石けん協会( https://www.sekken.info/ )のジュニアソーパーの資格をお持ちです。

下山香織先生が主宰するお教室はこちらです。

「和の香-wanoka-

https://www.facebook.com/%E5%92%8C%E3%81%AE%9%A6%99-wanoka-376998002807939/

 

「炭とマカダミアナッツオイルの効能について」

 

炭の持つ効能

 

・消臭効果のほか、汗をかきやすい季節には余分な皮脂を取り除いてくれる効果があります。

・毛穴の汚れをしっかり吸着し、美白効果も期待できます。

 

 

マカダミアナッツオイルの効果

 

・肌を柔らかくし、なめらかにしてくれます。

・若さの脂肪酸とも言われるパルミトレイン酸を多く含み、アンチエイジングに優れます。

・肌の荒れや炎症を鎮静させ、保湿をしてくれます。

・シワなどの老化を防止してくれます。

・浸透力が非常に高く、肌につけるとすぐに吸収します。

・紫外線から皮膚を保護してくれます。

・酸化に強いので、日焼け止めオイルとしても使いやすいオイルです。

・創傷治癒作用があり、傷の手当にも有効と言われています。

 

**************************

 

詳細は後日にお知らせしますが、8月に伊澤屋にてコンサートが予定されております。

eastern bloom concert

 easternbloom.jpg

eastern bloom (イースタンブルーム)

ケルト・中東・ブリティッシュロック・ジプシー音楽の要素を取り入れたオリジナル楽曲を制作し、ライブ活動を展開。

オリジナルアルバム「Capyba-land」でトライエムよりデビュー。以降「The Dreams of a Puppet」「Old Lady Said」「A Waltz with The Wildcat(トラ猫のワルツ)」、クリスマスアルバム「Joy of Winter」をリリースしている。

「まるで、異国に迷い込んだような世界観」と評される。

ご出演予定のeastern bloomの動画はこちらです。

 

 

*************************

 

梅雨寒かと思えば真夏の暑さ。変動の振り幅が大きいこの時期、どうかご自愛くださいませ。また、日差しが強くなって参りましたので熱中症にもお気をつけてくださいませ。今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  喪服  女紋  手作り石けん教室  下山香織  easternbloom  流々一葉  顔筋トレ  口腔内マニピレーション