このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年7月  

SunMonTueWedThuFriSat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ミルトス・ブログ

夏祭メンズきものの美学
2019年07月06日

夏祭メンズきものの美学

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

当店がございます栃木県宇都宮市では、まだまだ雨降りが続いております。七夕の日も雨で曇りで星空は見えずじまいです。

ですが、梅雨を降らすこの空に広がるグレーの雲の向こう側では、夏の星座がだんだんと上へ上へと上ってきているのです。

北極星を含む北天の星座、こぐま座は周極星として一年中見ることができますが、7月の中旬の夜8時頃、最も北天高くなります。

古代バビロニアでは、北斗七星を「大きい車」に見立てていたように、こぐま座のほうをマルギッダ・アンナ(小さな車)と呼びました。

ギリシア神話によると、大熊になったニンフのカリストの息子アルカスといわれています。

北極星がこぐま座のα星(アルファ星)であることは、意外と知られていないようです。天の北極近くに位置するという意味からついたもので、光度は二等、淡い黄色の光を放っています。距離は400光年といいますから、今夜見る北極星の光は、日本では江戸時代の元和五年、徳川頼宣が紀州和歌山に移されて徳川御三家が成立した頃に、北極星から出発した光です。

古代中国では、こぐま座を主とする星並びを紫微垣(しびえん)といい、動かないところから天帝の居所とされ、転じて天子の位にたとえられました。

ポラリスは北極星のラテン名、ステラ・ポラリス(極の星)が省略されたものです。航海の目あて星だったところから、ステラ・マリス(海の星)、ナビガトリア(航海を導く星)という呼び名もあります。

日本では、心星(しんぼし)、北の一つ星、一つ星、北のいっちょんぼし、北の明星、目あて星、方角星など。

アイヌでは、北極星を「我らの見る神」という意味で、チヌカルカムイ、またはチヌカラグルと呼びます。

日本では北極星を「子の星(ねのほし)」とも呼びますが、これは十二支で子(ね)は真北の方角に相当することからで、「子の方の星」、「北の子の星」、沖縄では訛って「ネノフシ」、「ネノホーブシ」など、同じような呼び方が各地に残っています。

北極星は北の空の一点でじっとしているのではなく、わずかに動きます。

北極星が天の北極から一度ほど離れているためで、それを表したものに「子の星は一寸三分うごく」があります。

北極星の動きに関する日本各地での伝え語りは様々で、一寸八分であったり、一夜に三寸五分だったり、そうかと思うと屋根瓦一枚などというものもあります。

広島の呉の俚謡(りよう)に「北の子の星や動かぬ星で、ついて回るが七つ星」というのがあります。ここでいっている七つ星はもちろん、北斗七星のことです。

 

さて、こぐま座が頭の真上にくるようになってきますと、街中は夏まつりのお知らせのチラシで溢れ、その街その街の夏まつりの準備が始まります。

女性のゆかたもあちこちで華やかにディスプレイされて、「夏だなあ」と感じます。

男性のゆかたも近頃はお洒落で見ていて楽しいものです。

ゆかた姿の男性も素敵ですが、夏まつりの男性の祭姿は、やはりなんと言ってもサラシに法被姿ではないでしょうか?

お神輿を担ぐ男性のみならず、女性もサラシを巻いて法被を粋に羽織っている姿を多く見かけるようになりました。

このサラシを巻くという習慣、今は夏まつりくらいしか見かけませんが、一昔前までは、男性のほとんど誰もが腰にサラシを巻いていました。

サラシはこれでもかというくらいキツく巻いていたようです。

これが腰を守り、かなりの重量の荷物を上げ下ろしても腰の負担を軽減させ、腰痛を防いでいたようです。

今現在の標準規格で、セメントを詰めた一袋というのは25キロなのだそうです。だいたい小学一年生くらいの子どもの体重です。

セメントの業者の方ですと、一日でこの袋を100~200袋くらい運んだり持ち上げたり降ろしたりをするわけですが、結構、腰を痛める方が多いそうです。

ところがこのセメントの袋、約50年前までは一袋50キロ詰めが標準規格だったそうですが、その50キロのセメント袋を毎日扱う方々で腰を痛める方はほとんどいなかったそうです。

昔の人は丈夫で、鍛え方が違っていた、それも正解ですが、サラシをキツく腰に巻いていたことが、力仕事の大きな助けになっていたのは事実のようです。

サラシを巻くことで腰の負担の軽減の他、お腹を冷やさず、真夏には汗を吸ってくれるので巻いている方がかえって涼しく、冬は温かいとう特徴がありました。

男性のほとんどが、サラシを巻いた上からきものを着ました。背筋がピンと伸びて、きもの姿が颯爽としていました。

スマホやアイフォン、パソコンで縮こまった背は猫背になり、胸を圧迫して腰に負担をかけます。

男性の皆さま、この夏、サラシをキツく巻いてからゆかたや、夏物のきものの着流し、法被や甚兵衛でも、お召しになって夏まつりにお出かけになられてはいかがでしょうか?

男性のお客様で「下駄や草履を履くと痛くてね、」とおっしゃる方が多いですが、ご無理なさって真新しくて鼻緒の硬い下駄や草履を、我慢したり負傷したり(絆創膏を貼った痛々しいご様子を毎年お見かけいたします)せずとも、普段履いていらっしゃるサンアルや、ビーチサンダルでも、カジュアル感が出て、かえってオシャレかもしれません。せっかくの夏まつりの遊び着、ぜひ楽しんでいただきたいです。

こうでなければ、よりも、これでもいいかも的な着こなしの方が、拝見している側も嬉しく存じます。

楽しく快適であること。
楽しくきものを着こなすこと。

夏祭の男のきもの姿の美学ではないでしょうか?

 

さて、当店の夏のイベントをご紹介申し上げます。

 

***********************

 

830日(金)・31日(土)

 10:00~15:00

MARMAID marché

色々なお店が並んで美味しい楽しい時間をお楽しみいただけます。

 

ご出店者紹介① Salon de Chika
chika.jpg
ch2.jpg
ch1.jpg

カラーとお花で《夢》を叶えるカラーとお花で《夢》を叶える

40歳からでもワクワク人生をデザインする

カラーライフコーディネーター

Salon de Chika

鈴木ちかこ

 

Facebook

https://m.facebook.com/chikako.suzuki.1829

 

http://ameblo.jp/tochigi-ichigo-ichie40歳からでもワクワク人生をデザインする

カラーライフコーディネーター

Salon de Chika 鈴木ちかこ

 

Facebook

https://m.facebook.com/chikako.suzuki.1829

 

http://ameblo.jp/tochigi-ichigo-ichie

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ご出店者紹介② mes ko-bo
mee1.jpg
mee2.jpg
mee3.jpg

mes ko-bo

和&洋小物

・水引サンキャッチャー&アクセサリー

・一閑張り

・加賀指ぬき

・ドールチャーム*ルルベルちゃん

・ミリオンバングル

・ミリオンキャット

水引アクセサリーワークショップも!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

31日(土)はミニ・コンサートが予定されています。

12:30~ ゴスペル・クワイヤー にこうた

13:00~ eastern bloom

 

ゴスペルクワイヤー にこうた
niko.jpg

私達、にこうたは、宇都宮を中心に、県内各地から、歌が大好き!歌を通して、笑顔を増やしたい♡

そんな想いで活動を始めて3年目になります。

まだまだこれからですが、ひとりひとりの想いや願いや祈りを声に乗せて、私達が笑顔になり、聞いてくださる人達が笑顔になっていけたら幸せです!

当日、お会い出来るのを楽しみにしております。

 

eastern bloom (イースタンブルーム)
easternbloom.jpg

ケルト・中東・ブリティッシュロック・ジプシー音楽の要素を取り入れたオリジナル楽曲を制作し、ライブ活動を展開。

オリジナルアルバム「Capyba-land」でトライエムよりデビュー。以降「The Dreams of a Puppet」「Old Lady Said」「A Waltz with The Wildcat(トラ猫のワルツ)」、クリスマスアルバム「Joy of Winter」をリリースしている。

「まるで、異国に迷い込んだような世界観」と評される。

ご出演予定のeastern bloomの動画はこちらです。

 

*********************

 

当店の朗読教室の講師の阿部早苗先生がご出演なさるイベントのお知らせです♩

sanaesan.jpg

ISHIKIRI JAM #2~モノカタリガクダン~

728日(日) 18:00

Https://www.facebook.com/events/426176631298280/?ti=as

ishikiri.jpg

 

夏の夜、虫や蛙たちが田んぼで楽しく演奏しています。

そんなある夜に、彼らがイシキリテラスにやって来ます。

 

その名も・・・『モノカタリガクダン』

 

今回は、阿部早苗さんによる宮沢賢治の朗読を楽しい楽器の音に合わせて、セッションをします。

また、シークレットゲストによる、夜ならではのインスタレーションも行います。

夏休みの一夜、みんなでイシキリテラスに、ぜひ遊びに来てください。

 

当日は美味しい飲み物を販売してくださる菊地酒店さんも出店します。

 

日時|2019728日(日)18:00-20:30

    開場  18:30

    第1部  18:30開始

    第2部  19:20開始

    閉場  20:30

場所|イシキリテラス

定員|40名程度

入場料|500 小学生未満は無料

    事前にチケット販売をしております。

    下記よりお  申し込みください。

     info@icicommo.com

出演|阿部早苗、シークレットゲスト

 

**********************

 

まだまだ梅雨空は続きますが、暑かったり寒かったりのこの時期、どうぞお身体をご自愛くださいませ。今週もお健やかにお過ごしくださいませ。