このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年9月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

ミルトス・ブログ

長雨の季節のきもの収納
2019年09月09日

長雨の季節のきもの収納

 

台風が来るとの予報で、慌てて戸締りの確認に奔走したところでございます。

まだ雨は降り始めませんが、ねっとりとベタつくような空気です。

もちろん星は見えません。

晴れていれば、ちょうど、こぐま座の上に竜座が見えるはずです。

竜座には、二等星や三等星があるのにもかかわらず、四等星のトゥバン(竜)がα星(アルファ星)になっています。

それは五千年前に、この星が北極星だったからです。五千年前といえば、エジプトではピラミッドの建設が始まった頃。

クフ王のピラミッドの玄室に三十一度の傾斜を持つトンネルが掘られています。このトンネルは当時の北極星トゥバンを指していました。

神話によると、北アフリカのアトラス山にあるヘスペリデスの花園で、金のリンゴを守る竜と言われています。

台風やら長雨で、秋の始まりの夜空というものには、なかなか逢えません。

 

このような湿気を帯びた空気の中で、きものを収納する際に注意すべきは湿気対策です。

 

もちろん、桐の和だんすをお持ちでしたら、一番宜しいかと存じます。

桐だんすに収納する際も、年に2回は虫干しをなさってくださると安心です。

たんすを置く場所も、直射日光が当たらず、風通しが良い所、湿気が溜まりにくいところがベストです。

収納する際に、純粋な和紙ではない畳紙(たとうし)は湿気を呼び、劣化してシミの原因になることが多くあります。

頻繁に着ないものは、畳紙(たとうし)ではなく、布に包んで収納することがオススメです。

匂い袋や防虫剤などが、変色を招くことがありますので、注意しましょう。

 

桐だんすがない場合、理想としては、桐の衣装箱(併せのきものが二つ折りにして収納できる大きさ)や、また、つづら(竹で編んで和紙を貼り、柿渋で下塗りをして、カシュー漆で仕上げたもの)に収納するのがよろしいかと存じます。

ですが、桐だんすも桐の衣装箱も、つづらもない場合、プラスティックケースでも代用できます。こまめに風通しする必要がありますが、暗い場所においたり、布を被せて遮光して、こまめに風通しをすれば、代用がききます。

 

プラスティックケースを選ぶ際に、奥行きが38センチくらい、高さは14センチ暗い、幅は57センチくらいのものを選びましょう。

帯や三つ折りのきものを収納するには最適なサイズです。

また、奥行き40センチくらい、高さ15センチ暗い、幅87センチくらいのプラスティックケースならば、二つ折りのきものを収納するのに最適です。

重ねすぎないこと、また、ケースにきものや帯を収納したら、できるだけ高い場所に置くと湿気対策になります。

乾燥シートを利用するのもよろしいかと存じます。

 

プラスティックケースに収納する際には、きものも帯も、それぞれ、布で包むのが一番湿気を防ぎます。

白い木綿布で、帯を包むのには95センチ角程度のサイズで、きものは、二つ折りにした場合に、140センチ×120センチくらいのサイズで包むとよろしいかと存じます。

 

これからの季節は湿気との戦いです。呉服屋の商品管理室も、除湿機が常に作動する状態になります。

お客様の大切なお召し物が、湿気から守られ、安全にキレイに保たれますように。

 

さて、来週に控えている、当店の楽しいイベントをご紹介いたします。

 

***************************************************************

 

手作り石けん教室~米ぬか石けん~

917日(火)  10:00~ 12:00

 

手作り石けん教室「和の香-wanoka-」主宰者・下山香織先生をお迎えして、夏の暑さと冷房による乾燥でダメージを受けたお肌を修復する、米ぬか石けんを手作りします。

下山香織先生手作りのお土産石けん&美肌効果のあるハーブティー&美味しいお菓子付き♩

 

参加費 4000円(定員10名)

持ち物 タオル3~4本、筆記用具、飲み物

 

*御予約が必要です。(お問い合わせ・御予約0120-39-1308

**薬品(劇薬)を使用しますので、お子様連れはご遠慮ください。

 

講師の下山香織先生は、一般社団法人ハンドメイド石けん協会( https://www.sekken.info/ )のジュニアソーパーの資格をお持ちです。

下山香織先生が主宰するお教室はこちらです。

「和の香-wanoka-」

 

米ぬかの効能としては、

・ビタミンBEが豊富なので、肌の潤いを守って、代謝を高める。

・汚れや余分な角質によるくすみを取ってくれるので、美白効果が期待できる。

・米ぬかセラミドという保湿効果により、洗い上がりがしっとりもちもちする。

 

ぜひご参加くださいませ!

 

朝晩の風が冷たくなってまいりました。

お風邪など召されませんよう、お身体ご自愛くださいませ。

今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

 

 

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  きもの収納  桐たんす  桐衣装箱  つづら  下山香織  和の香  手作り石けん