このページを編集する

栃木県宇都宮市で着物と着付け教室、振袖を扱う呉服専門店|宇都宮伊澤屋です。着物のお手入れや和のお稽古事、洋装・フェアトレードなども取り扱っております。

宇都宮伊澤屋へお越しの際は、ご来店予約が便利です。おまたせせずにご対応いたします。

 2019年9月  

SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

ミルトス・ブログ

帯を彩る小物たちのお手入れ
2019年09月21日

帯を彩る小物たちのお手入れ

 

いつも当店をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

923日は秋分の日。そして七十二侯でいえば、「雷乃収声」(かみなりのすなわちこえをおさむ)です。

雷が鳴り響かなくなってくる時季という意味です。つまり夏の嵐はおさまって、雷が鳴らなくなるということです。

 

ですが、実際には台風が日本に上陸して大変な被害となっています。
被災地の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。
どんなにか大変な思いをしていらっしゃることか。

当店がございます、ここ栃木県宇都宮市でも、千葉県をはじめ、伊豆大島や太平洋側の各地域での被害の甚大さに心を痛めて、支援活動を始めている方や団体があります。

先月末に当店でMERMAID marchéを開催いたしまして、そこでご出演くださったゴスペル・クワイヤー「にこうた」の代表・吉田亜紀さんのお店「 studio NICO 」でもその活動が始まっております。

ご興味がありましたら、こちらをご覧ください。

Https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=2381355551979326&id=100003147124097

必要な場所に必要なものが届きますように。

 

まるで日本のこの状況を察しているかのように、秋の夜空というのは淋しく物悲しい雰囲気です。

秋の夜空の唯一つの一等星・フォーマルハウトは、ちょうどいまの時期、夜の9時すぎくらいに南の空の低いところに見えます。

フォーマルハウトは、アラビア語の「フム・アル・フート」(魚の口)からきているそうです。南魚座(みなみのうおざ)のα星(アルファ星)です。南魚座は10個ほどの星で、平たいお饅頭のような形をした星座です。

神話によると、テュポンという半人半蛇の怪物に襲われた女神アフロディーテが、とっさに魚の姿になって難を逃れた時の姿と言い伝えられています。

機転が利く女性の象徴のようです。

 

夜空は淋しい秋の夜空ですが、日中は汗ばむほどの暑さになることもありますので、まだ夏物を着ていても違和感ありませんが、やはりお召しになるきものの色や、小物は秋の雰囲気があるものがお洒落に見えます。

帯締め・帯留めは、季節感を醸し出すための大切な小道具になります。

 

夏物の透かし編みの帯締めは、お湯を沸かしたやかんの蒸気にあてて房を整え、房の根元に紙を巻いて、美しく保存しましょう。

また、夏場に活躍するガラス細工の帯留めも、水洗いして、また繊細な彫りがあるものは歯ブラシなどで軽くこすり、凹みの部分の汚れをきれいに落とします。布で拭きながら、ガラスにヒビなどが入っていないかを確認して、保存します。

 

秋から活躍する帯締めや帯留めも、きれいに整えましょう。

帯留めでは、珊瑚・陶磁・貝・翡翠・水晶・瑪瑙(めのう)は水洗いができます。

反して、銀などの金工・木・象牙・鼈甲(べっこう)・宝飾系の帯留めは、水洗いができません。

水洗いができませんので、布で軽く水拭きをして、綿棒で丁寧に水拭きをします。

銀はプラスティック消しゴムで、さらにきれいになります。

綿棒で水拭きをした後に、爪楊枝の先に脱脂綿を付けて、細部の汚れを取り除くと完璧です。

 

そのほか、秋の始まりの頃は、朝早くや夜遅くの冷え込みがあるので、ストールやスカーフなどの準備も欠かせません。

シルクの大判のスカーフや、薄手のカシミヤのストールを常日頃、携帯していると安心です。

だんだんと木綿や麻のサッパリとした肌触りが、寒々しく感じるようになってまいりました。

秋ですね。

 

さて、秋のイベントをご紹介いたします。

*******************************

 

102日(水) ~ 5日(土) 大感謝祭

ハズレ無しのあみだくじで何が当たるかお楽しみに!

ご来店のご予約は0120-39-1308

 

*******************************

 


komenuka.jpg
手作り石鹸教室は、日程が変更になりました。

手作り石鹸教室~米ぬか石けん~

108日(火)  10:00~ 12:00

 

手作り石けん教室「和の香-wanoka-」主宰者・下山香織先生をお迎えして、暑さと冷房による乾燥でダメージを受けたお肌を修復する、米ぬか石けんを手作りします。

下山香織先生手作りのお土産石けん&美肌効果のあるハーブティー&美味しいお菓子付き♩

 

参加費 4000円(定員6名)

持ち物 タオル3~4本、筆記用具、飲み物

 

*御予約が必要です。(お問い合わせ・御予約0120-39-1308

**薬品(劇薬)を使用しますので、お子様連れはご遠慮ください。

 

講師の下山香織先生は、一般社団法人ハンドメイド石けん協会( https://www.sekken.info/ )のジュニアソーパーの資格をお持ちです。

下山香織先生が主宰するお教室はこちらです。

「和の香-wanoka-

https://www.facebook.com/%E5%92%8C%E3%81%AE%9%A6%99-wanoka-376998002807939/

 

米ぬかの効能としては、

・ビタミンBEが豊富なので、肌の潤いを守って、代謝を高める。

・汚れや余分な角質によるくすみを取ってくれるので、美白効果が期待できる。

・米ぬかセラミドという保湿効果により、洗い上がりがしっとりもちもちする。

 

ぜひご参加くださいませ!

 

朝晩の風が冷たくなってまいりました。

お風邪など召されませんよう、お身体ご自愛くださいませ。

今週もお健やかにお過ごしくださいませ。

タグ: 栃木県  宇都宮市  宇都宮伊澤屋  きもの    帯締め  帯留め    お手入れ  studioNICO  千葉災害支援  吉田亜紀  下山香織  和の香  手作り石けん